もちもち攻略庵。

海外サッカー、ウイクラ・他ゲーム攻略、Vtuberの関連情報を発信するブログです。ウイクラの戦術は選手層に合わせていろいろな戦術を試してみてください!

【スーパーリーグ編】バトルリーグで連勝する!高ランク戦で勝てるポケモンを紹介!【ポケモンGO】【2/4更新】

老獪なデバフ守護神

 

f:id:papermoon1333:20200204152100j:plain

 

🐚パルシェン🌊

相手の攻撃力を確実に下げることができる3ゲージのスペシャル技「こごえるかぜ」を覚えることができるポケモン。その高い防御力と使い勝手の良いデバフ攻撃で、ステータスで格上のポケモンを相手にしても目覚ましい活躍を見せてくれる。

 

筆者はパルシェンを先頭にしてスーパーリーグを戦ったが、嬉しい20連勝を飾ることができた。ぜひお供にしてほしい一体。

 

タフに鍔迫るパワーFW

 

f:id:papermoon1333:20200204161225j:plain

 

🐸ガマゲロゲ🌸

大容量なHPを武器にタフなバトルを展開できるミドルアタッカー。じめんタイプのスペシャル技「だいちのちから」は威力が高く、2ゲージ技であるため発動効率も良い。

 

対戦相手がシールドを使い切った後の2体目・3体目のポケモンとして、是非おすすめしたい。

 

 天に閃く光速の槍

 

f:id:papermoon1333:20200204171823j:plain

 

すべてのステータスが優秀な準伝説ポケモン。高威力な技をハイペースに繰り出すことができる。ファイアー、フリーザーと並び立つ伝説の鳥ポケモンの一角。

 

スペシャル技の「ドリルくちばし」はとにかくゲージの溜まりが早い。威力も3ゲージ技の中では破格だといえるだろう。またサンダーは「げんしのちから」を覚えることもできる。こちらも3ゲージのスペシャル技で非常に使い勝手が良く、確率で攻撃力と防御力をグーンと上げることが可能だ。

 

スーパーリーグに出場できるポケモンの中でも、屈指の実力者だといえるだろう。

 

  

 

その他のゲーム攻略情報はこちらから↓

↓ウイクラバイエルン選手図鑑はじめました↓

↓オリジナルの欧州サッカーニュース↓

 

 Twitterでもゲーム攻略情報などを発信中!

 

もちもち@攻略庵♨️ (@bass1333) | Twitter

 

☆ほしいものリスト☆

https://www.amazon.jp/hz/wishlist/ls/1U77PTC77HIOX?ref_=wl_share

 

 

 

【3-4-3】 19-20シーズンの3バックを極めてみた。【ウイクラ攻略】

🍍戦術とフォーメーション🍍

 

◇3-4-3(3-2-2-3)◇

 

f:id:papermoon1333:20200203165643p:plain

f:id:papermoon1333:20200203165719p:plain

f:id:papermoon1333:20200203165704p:plain

f:id:papermoon1333:20200203170715j:plain



◇ポイント◇

 

・ポゼッション型

 

・守備の堅牢さを最大限に追及した3バック

 

・FW3人(CFもしくはST)の並びは選手に応じて変えたほうがよい

 

◇解説◇

 

♠「失点しない3バック」を追求した戦術。守備の「追い込みエリア」を「サイド」にすることで、SHが「外へ追い出すプレス」を行うようになり敵ボールホルダーのパスをけん制できる。

 

♣全体の間延びを防ぐため「サポート距離」を「近い」、「コンパクトネス」を「狭い」、「ディフェンスラインの高さ」を「高い」とした。

 

♦現状の3バック戦術では、誰が敵ボールホルダーに対応するのかが曖昧になりチグハグな守備になる傾向がある。そこで「攻撃人数」を「多い」、「守備人数」を「少ない」にすることで役割を明確化した(MFは中盤でプレスをかけ、CBはペナルティエリア付近で敵ボールホルダーにチャレンジする等)。

 

その他ウイクラ攻略はこちらから↓

↓ウイクラバイエルン選手図鑑はじめました↓

↓オリジナルの欧州サッカーニュース↓

 

 Twitterでも攻略情報を発信中!

 

もちもち@攻略庵♨️ (@bass1333) | Twitter

 

☆ほしいものリスト☆

https://www.amazon.jp/hz/wishlist/ls/1U77PTC77HIOX?ref_=wl_share

 

 

 

 

 

 

【厳選】サスペンス&ホラー作品をご紹介!NETFLIXで見られる海外ドラマ【随時更新】

至極の感情描写とストーリー。南国リゾートで起きるサスペンス!

 

🌴「BLOOD LINE」🌊

f:id:papermoon1333:20200125150101j:plain

出典:https://www.sonypictures.jp/he/1262140

アメリカの田舎町でリゾートホテルを経営するレイバーン一家。地元では名家として称えられ、その栄華は橋に名前を残すほど。しかし一家には後ろめたい過去があった。行方不明だった兄の来訪を機に、不可解なトラブルが起こり始める―—―。

 

感情描写、人物設定、場面の見せ方、展開の速さなど、すべてが一級品のサスペンス。裏切り、ドラッグ、人身売買、殺人。南国情緒あふれる田舎町で、様々な過去を抱えたキャラクターたちが見どころ満載の人間模様を展開する。

 

登場人物の性格や関係性への書き込みがとにかくすごい。見れば見るほど会話と展開のリアルさに驚かされる。「こういう人いるよな~!」と思わず誰かに言いたくなる作品。

 

同作は全3シーズン33話で完結のNETSFLIXオリジナル作品。ファーストシーズンはレンタルリリースされていたが、セカンドシーズン以降はNETFLIXでしか見られない。もっと評価されるべき!

 

 

ホラー好きは絶対ハマる!本格超常現象アドベンチャー

 

👻「SUPER NATURAL」 👻

 

f:id:papermoon1333:20200125154305j:plain

出典:https://warnerbros.co.jp/kaidora/detail.php?title_id=2865

父親の家業を継いで"怪物ハンター"となった兄弟が、悪魔・幽霊などの超常現象と戦いながらアメリカを旅する物語。ヴァンパイアやオオカミ男をはじめ、神話や伝承で語り継がれるありとあらゆる怪物が登場する。怪物の特徴や倒し方など、語られる情報も本格的でホラー好きにはたまらない作品だ。死線を抜ける兄弟の家族愛も物語を引き立てる。アクションやコミカルなシーンが多く展開がスピーディなので、ホラーが苦手なユーザーでも楽しめるはずだ。

 

NETFLIXではシーズン5までを視聴することができる(現在完結編となるシーズン15が製作中)。「こんなに長いとみるのが大変!」と思う人もいるかもしれないが、幽霊や怪物が怒涛のように登場するファーストシーズンとセカンドシーズンだけでも見てほしい。ホラーファンなら一気見必至の名作だと思う。

 

余談だが、ファーストシーズンとセカンドシーズンでは、主人公兄弟の兄 ディーン・ウィンチェスター役の声優をお笑いコンビ 次長課長井上聡、弟 サム・ウィンチェスター役の声優を元俳優の成宮寛貴が務めていた。

 

 

その他ゲームの攻略はこちらから↓

↓ウイクラバイエルン選手図鑑はじめました↓

↓オリジナルの欧州サッカーニュース↓

 

 Twitterでも攻略情報を発信中!

 

もちもち@攻略庵♨️ (@bass1333) | Twitter

 

☆ほしいものリスト☆

https://www.amazon.jp/hz/wishlist/ls/1U77PTC77HIOX?ref_=wl_share

 

 

 

 

【19-20シーズン】ウイングが大活躍するポゼッション戦術!バイエルンミュンヘンを再現🍺【MiaSanMia】

 

🍺バイエルンミュンヘン再現(19-20シーズン) 

 

🍉戦術とフォーメーション🍉

f:id:papermoon1333:20191122154202p:plain



❀戦術オプション❀

f:id:papermoon1333:20191119114905p:plain

 

🍓コンセプト🍓

 

バイエルンミュンヘン、と聞いて多くのサッカーファンが真っ先にイメージするのは、WGとSBが織りなすスピーディなサイド攻撃とポゼッショナルフットボールだろう。

 

フォーメーションは、主に4-2-1-3(4‐2‐3‐1)もしくは 4-1-4-1。前線と最終ラインは基本的に不変だが、中盤の形はその時の監督や対戦相手によって変化する。

 

アンチェロッティ体制の崩壊後、救世主として暫定監督を務めた3冠の名将ユップ・ハインケスは、4‐2‐3‐1を好んでいた。世界最高クラスのレジスタ(司令塔)であるチアゴ・アルカンタラと3冠達成時から信頼を置くハビ・マルティネスを中盤底に並べ、前線への優れたビルドアップと堅固な守備を両立した。

 

昨今は、レオン・ゴレツカ、コランタン・トリッソらの出場機会も増えており、彼らがハビに代わってチアゴのパートナーを務めることもある。

 

ここで、彼らとハビの役割の違いに注目したい。ハビが守備力に秀でた純粋なDMFであるのに対して、ゴレツカとトリッソは走力と攻撃力に秀でたボックストゥボックスタイプのCMFだ。彼らには守備に専念するのではなく、前線へ飛び出してゴールに関与するプレーが求められる。

 

したがって配置も少し変化する。ハビがチアゴのパートナー務める場合は純粋な4-2-3-1となるが、ゴレツカもしくはトリッソがその役を担う場合、攻撃時は4-1-4-1に近い配置となる。

 

今回は後者の中盤可変的な4-2-3-1バイエルンの再現を目指してみたいと思う。

 

 

ビルドアップは「中央突破」 ボランチを経由してサイドへ展開

 

すべての土台となるのが、ボランチを含めた後方の6人だ。彼らはチームを救う防波堤であり、攻撃の火付け役でもある。

 

まずはゲームメイカーであるボランチにボールを集める。そのためビルドアップは「中央突破」とした。ボランチのうち一人がパスを受け、サイドへ展開。WGの打開力でゴールを狙う。

 

WGがボールを受けると、SBの攻撃参加もスタートする。プレースタイル「攻撃的サイドバック」を持ったSBはWGを外側から追い越す動き、「インナーラップサイドバック」を持ったSBは内側に入る動きで、パスを受ける。

 

守備とテクニックに秀でたボランチを起用する

 

本戦術で最も重要なのはボランチの選手だ。彼らには司令塔としての展開力と守備力の両方が求められる。スーパースターEXなどの高難易度リーグでは、相手選手による激しいプレスによって、ボールをロストするリスクが高くなる。

 

そのため、テクニックと守備力に秀でたDMFを起用したい。加えてスピードとフィジカルの高い選手であれば、攻守でよりタフな活躍を見せてくれるはずだ。

 

DMFのプレースタイルは「アンカー」もしくは「ビルドアップ」、CMFのプレースタイルは「ボックストゥボックス」もしくは「ハードプレス」がおすすめ。

 

「ボックスストライカー」「2列目からの飛び出し」持ちのFW・OMFが活躍

 

CFのプレースタイルを「ボックスストライカー」、トップ下OMFのプレースタイルを「2列目からの飛び出し」としたところ、大活躍させることができた。「ラインブレーカー」「プレーメーカー」などのプレースタイルを習得した選手を起用するのも面白いだろう。

 

ちなみにバイエルンのエースである、ロベルト・レヴァンドフスキは今シーズン、「ラインブレーカー」として実装されている。

 

また、本戦術では配置の性質上、CFが強烈なマークを受けることがある。フィジカルと高さのあるCFを起用するのがいいだろう。ハイボールに競り勝ちやすくなる「ヘッダー」のスキルを持つ選手がおすすめだ。

 

🍇戦術オプション解説🍇

 

ポゼッション率を高めるため、「サポート距離」は「近い」に設定した。またパスミスやボールロストの際にボール回収しやすくなる。

 

ロングボール&裏取り対策として「ディフェンスラインの高さ」は「低い」とした。

 

🍍勝てないときのオプション戦術①(※11月30日追記)🍍 

 

f:id:papermoon1333:20191130095209p:plain

 

f:id:papermoon1333:20191130095222p:plain


ショートカウンターでスペクタクルな攻撃を

 

より得点力をあげるべく「カウンター」を選択する。SBなどがより活発に攻撃参加するようになる。

 

☆CBの「ハードプレス」をOFFに

 

「ハードプレス」持ちの選手は、時にファウルが増えたり、ポジションを開けやすくなることもある。こちらはおまかせで。

 

☆局面を狭くしてボールを奪い 「流動的」に攻撃する

 

ポジショニングは「流動的」、「コンパクトネス」は「狭い」とした。

中盤でのボール奪取が増え、選手が必要に応じた飛び出しをするようになる。

 

長短のパスを使い分けながら柔軟に攻撃したいため、「サポート距離」は「普通」に変更。

 

🍈勝てないときのオプション戦術②(12月2日追記)🍈

 

f:id:papermoon1333:20191202123040p:plain

 

f:id:papermoon1333:20191130095222p:plain

 

☆中盤でボールを奪いやすい4‐4‐2のフォーメーション

 

配置以外は①と同様の戦術設定となっている。

 

MFを増やすことで、中盤で効率よくボールを奪うことができる。ワンボランチの選手がボール奪取・パス・ミドルシュートにと、マルチに活躍するフォーメーション。もうバイエルンじゃないだろというツッコミはなしで。。

 

 

その他ウイクラ攻略はこちらから↓

↓ウイクラバイエルン選手図鑑はじめました↓

↓オリジナルの欧州サッカーニュース↓

 

 Twitterでも攻略情報を発信中!

 

もちもち@攻略庵♨️ (@bass1333) | Twitter

 

☆ほしいものリスト☆

https://www.amazon.jp/hz/wishlist/ls/1U77PTC77HIOX?ref_=wl_share

 

 

 

 

新エンジンの戦術紹介!ミドルパスを生かしたスムーズな攻撃でジャイキリ目指す🍇🎆

  お久しぶりです~♪ もちもちです🍡✨

とてもひさしぶりの更新になってしまいました。

 

今回は新エンジンのおすすめ戦術を紹介!

 

新エンジンのウイクラについて、Twitterでは様々な意見が挙がっていますね。

 

本戦術には「謎ミス&ロスト」を減らして、楽しく勝利するための仕掛けを盛り込みました。

 

みなさんが直近の協会カップやMCを戦う際の一助になれたら幸いです⚽🍍

 

 

 

🍌戦術とフォーメーション🍌

f:id:papermoon1333:20191004155758p:plain



 

🍓戦術オプション🍓

f:id:papermoon1333:20191002142831p:plain

  ※「コンパクトネス」は「普通」にしたほうが安定するケースがあります(10月20日追記)。

🍏常に複数のパスコースを確保する🍏

 

 

見ての通り、とても変則的なフォーメーションです。

 

新エンジンの試合では「高ステータスな選手が不用意なパスミスをする」「味方同士が交錯してボールを失う」といった、今までのウイクラにはなかった「謎ミス&ロスト」が起きるようになりました。

 

今後のアップデートで「謎ミス&ロスト」は無くなるかもしれませんが、

 

今は楽しく遊ぶために、ストレスフリーに勝つための戦術を考える必要があるでしょう。

 

 

①常時複数のパスコースを確保してミスを減らす

 

 

「謎ミス&ロスト」が起こるのは決まって、敵選手にプレスをかけられたタイミングだと思います。

 

そこで「敵のプレスにさらされても、常に余裕を持ってポゼッションできる戦術を考えよう」と思いました。そのための変則配置です。

 

重要な役割を担うのがCMFとRMF。

 

CMFは戦況に応じて「サイドを変えるランニングし、中盤底まで下りていく」など気の利いたポジショニングで柔軟な"受け手"になってくれます。

 

RMFはサイドに生まれたスペースをランニングし、チャンスメイクを行います。

 

 

ミドルパスを生かして、エキサイティングな攻撃を

 

 

「謎ミス&ロスト」でもどかしい思いをすることが増えた一方で、新エンジンのウイクラでは「中盤を省略した鋭いグラウンダーパス」「FWの裏抜けを狙った浮き球のピンポイントパス」など多彩なミドルパスが見られるようになりました。

 

これを生かさない手はありません。

 

 前線は「ウイングストライカー」「ボックスストライカー」「ラインブレーカー」という構成です。

 

「ウイングストライカー」と「ラインブレーカー」がミドルパスの受け手として、裏抜けを狙います。

 

両者は敵を引き付けてスペースを創る囮でもあります。「ボックスストライカー」はそのスペースに飛び込んで得点を狙います。

 

 

 ③「サポート距離」は「近い」に設定

 

 

「サポート距離」を「近い」に設定することで、敵をセンターライン付近まで引き出しやすくなり、ミドルパスによる裏抜けが狙いやすくなります。

 

「コンパクトネス」については「普通」か「狭い」がおすすめです。

 

◆まとめ◆

 

いかがだったでしょうか。

 

 今回は私が現在採用しているとシステムとそのコンセプトをご紹介しました。

 

最終ライン・中盤・前線のすべてに一人ずつサイドアタッカーを配置することで、縦横無尽な攻撃を仕掛けることを目指してみました。

 

私自身新エンジンになってから苦戦続きだったのですが、本戦術で同格~ちょい格上ぐらいの相手には安定して勝てるようになりました。

 

少しでも参考にしていただける部分があれば嬉しいです🍇

 

以上!夏が恋しいけど、きのこ狩りにいきたい もちもちでした🍄

 

その他ウイクラ攻略はこちらから↓

niraikanai.hatenablog.com

↓ウイクラバイエルン選手図鑑はじめました↓

↓オリジナルの欧州サッカーニュース↓

 

 Twitterでも攻略情報を発信中!

 

もちもち@攻略庵♨️ (@bass1333) | Twitter

 

 

 

 

 

【業界初】VTuberが東京・名古屋・大阪の3会場でライブイベント チケットは即完売

 

f:id:papermoon1333:20190717010906j:plain

 

715日、VTuberユニット「ハニーストラップ」(ハニスト)の初ライブイベント「HoneyFeast -ハニーハウスへようこそ-」が開催された。同ライブイベントは、VTuber業界初となる東京・名古屋・大阪の3会場での同時開催。3会場の全てでチケットが即完売する人気ぶりで大盛況となった。当日の模様は、秋葉原のライブビューイング会場およびニコニコ生放送でも中継された。

 

f:id:papermoon1333:20190717011050j:plain

 

ライブ当日は、VTuberユニット「ハニーストラップ」のメンバー「周防パトラ」「西園寺メアリ」「堰代ミコ」「島村シャルロット」の4名が3Dモデルでスクリーンに登場し、オリジナル劇や歌唱、バラエティ&プレゼント企画で会場を盛り上げた。

 

f:id:papermoon1333:20190717010946j:plain

 

VTuberはその特性上ファンとFace to Faceで関わることが難しいのが現状だが、同ライブイベント会場の様子と歓声はカメラとマイクを通じてメンバーに伝わる設定になっており、ファンの盛り上がりや「かわいい」の声に反応したメンバーが「サイリウムがすごく綺麗!立ち上がって応援してくれてる!!」、「ありがとー!」などと声を返すシーンがみられるなど、終始ファンとメンバーのふれあいに満ちた内容になっていた。終幕後のアンコールでは、メンバー全員参加の新曲「星降るメモリー」が発表され、メンバー全員のにぎやかな歌声とともに結びとなった。

 

次回のライブイベント開催については検討中。リーダーの周防パトラは「クリスマスに合わせて第2回を開催したい」とコメントしている。

 

新曲の「星降るメモリー」は下記リンクから試聴・ダウンロードできる

 

Youtubehttps://www.youtube.com/watch?v=hhG3CjqB6DI

 

AppleStore:https://linkco.re/V9AFRVFR

 

♦各メンバーのYoutubeチャンネル♦

 

 

 

 

 

 

その他ゲーム攻略はこちらから↓

↓オリジナルの欧州サッカーニュース↓

 

 

 

 

 

攻撃的リトリート4バック!相手の「崩し」を封じて果敢に攻める【格上に勝つための戦術考察】【ウイクラ攻略】

 

 

🍍戦術とフォーメーション🍍

f:id:papermoon1333:20190615190444p:plain

🌴戦術オプション🌴

f:id:papermoon1333:20190615190537p:plain


堅固なブロックで「崩し」を封殺

 

リトリート戦術のメリットは、自陣PA内にブロックを作ることで敵の「崩し」を無力化できることだ。フィジカルタイプのCFによる単独突破はもちろん、メッシやマラドーナといったパスとドリブルの両方に秀でたSTの強みを消すことができる

 

弱点はベタ引きしやすくミドルシュートを打たれやすいこと。対策としてCBは縦並びにした。アグレッシブ設定時の「ボール奪取→カウンター」という動きは減るものの、この戦術にはそれを補って余りあるメリットがあると自信を持って強調したい。

 


 

中盤は"攻守攻"の横並び

守備的MFは少なめに。両サイドにはウイングタイプを

 

リトリート戦術ではショートカウンターの展開は作りにくい。スティール能力に優れたCMFやDMFの選手は一人で十分だろう(敵ミドルパスのけん制役として走れるCMFを起用するのがおすすめ)。なお敵サイド攻撃対策として中盤は横並びにした。

 

両サイドにはウイングタイプの仕掛け役を起用する。前線中央に位置取る3トップの攻撃にアクセントをつける狙いだ。最終ラインによるビルドアップの受け手としても機能する。ここにはテクニック(できればスピードにも)に秀でた選手を起用したい。

 

最終ラインはきっちりとブロックを作るために、4バックとした。上記画像では4バックの左にビルドアップ持ちのCBを起用している。しっかり守備戻りできる選手であれば、攻撃的サイドバックでもかまわないと思う。

 

戦術オプションでリトリート向きの好守に調整

 

3トップ+両サイドハーフによる計5枚の縦横無尽な攻撃を最大限に生かすうえで、流動的のスタイルは非常に有効だ。これにより、サイドハーフが前線中央に飛び出すといった柔軟な動きが見られるようになる。

 

また、裏取り対策として守備ラインは「低い」に設定。よりコンパクトなブロックを形成するために、コンパクトネスは「狭い」に設定した(サポート距離は好みの調整で構わないと思う)。

 

 

 

★アトガキ★

 

みなさんお久しぶりです!仕事が忙しく、ウイクラで遊んでいるのにブログは書けない状態が続いていました。1か月近くも(それ以上?)更新できなかったにも関わらず、毎日多くの方に見ていただけていて、早く更新したい!という気持ちでいっぱいでした。本当にありがとうございます。

 

さて、今回の戦術はリトリート。個人的にはすごく苦手で嫌いな戦術だと思っていました。しかし、きちんとチーム作りをして本格的に戦術を試してみたところ、これがうまくはまったんです!特性なし総合値1000以上、同込み総合値1100以上のラスボス的猛者を相手に素晴らしい試合ができるほど(自チーム戦力は上記画像を参照)。

みなさんもぜひ、リトリート!試してみてください!それではまた!🍵🌴

 

 

 

その他ウイクラ攻略はこちらから↓

niraikanai.hatenablog.com

↓ウイクラバイエルン選手図鑑はじめました↓

↓オリジナルの欧州サッカーニュース↓

 

 Twitterでも攻略情報を発信中!

 

もちもち@攻略庵♨️ (@bass1333) | Twitter