FCバイエルンとゲームとFateが大好きな人のブログ

海外サッカー(主にバイエルン)、ゲーム、Fateシリーズ等のニュースや攻略情報をご紹介するブログです。たまに小説や怪談(実体験)も書きます。コメントなどいただけるとすごく嬉しいです!

イタリアに別れを告げた守護神 ブッフォンらしさにあふれたフィナーレ【17-18シーズン セリエA】

 

f:id:papermoon1333:20180522180640j:plain

ブッフォンは7連覇に沸くホームに別れを告げた (c)AFP PHOTO /Andreas SOLARO


こんにちは、こんばんわ。バイエルン好きの人です。

チャンピオンズリーグのみならずポカール制覇も逃したバイエルンの憂いをW杯で払拭したい今日この頃です。

更新をはじめて3日目ですが、何度か読んでくださっている方もいるのでしょうか。バイエルンを中心とした海外サッカー等のニュースをお伝えしていきたいと思っています。私が感じたワクワクや感動を少しでも多くの方に感じていただきたくてブログをはじめました。

何度か読んでくださっている方も、今日初めて見てくださった方にもとっても感謝です!!コメント等いただけるとすごく喜びます(´・ω・`)よろしくお願いします!!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

さて、本日は今シーズンを最後にビッグクラブを去る”レジェンドたち”3人に思いを馳せたいと思います。

ジャンルイジ・ブッフォン。レジェンドがまた一人イタリアに別れを告げました。

現地時間19日、セリエA第38節ユヴェントスVSヴェローナの一戦がアリアンツ・スタジアムで行われました。ブッフォンにとってのホーム最終戦。「ともに過ごした17年をありがとう、ジジ」、「不滅のヒーロー、ブッフォン」。スタンドは20年以上にわたって、イタリアサッカー界の誇りであり続けたレジェンドを称えるサポーターの声で溢れていました。ブッフォンは恋人と子供3人を連れてピッチに現れました。子供のころから自分の誕生日でも注目の的になるのは苦手だったと語っていたブッフォントッティが引退したときのような華やかなセレモニーを望まなかったのも彼らしさからでした。

2-0とユヴェントスがリードして迎えた後半63分。アッレグリ監督は選手交代を指示。惜別の時が訪れました。父親のような頼もしかった守護神がピッチを去ります。キャンプテンマークはユヴェントスの魂ともいえるマルキージオに託しました。チームメイトを一人ひとり力強く暖かく抱きしめて、ヴェローナの選手にも自ら駆け寄って抱擁をかわしていました。

どんなときでも分け隔てなくサポーターや選手への敬意を見せていたブッフォン。敗戦の涙を流した時だってそれは変わりませんでした。交代後はスタンドで待つサポーターのもとへ。握手や抱擁を求めるサポーター全員に溢れんばかりの感謝を伝えました。

アリアンツ・スタジアムは試合途中から強さを増した雨に濡れていました。レジェンドと彼が愛した人々の流した涙にもらい泣きした雨雲があったのかも。でもきっと、悲しい涙ではなかったはずです。

f:id:papermoon1333:20180522180232j:plain

愛するサポーターと惜別するブッフォン