もちもち攻略庵。

海外サッカー(主にバイエルン)、ゲーム、Fateシリーズ等のニュースや攻略情報をご紹介するブログです。選手層に合わせていろいろな戦術を試してみてください!たまに小説や怪談(実体験)も書きます。コメントなどいただけるとすごく嬉しいです!

【バイエルンサポがCL総括】なぜレアルはCLを3連覇できたのか【17-18シーズン チャンピオンズリーグ】

f:id:papermoon1333:20180530012005j:plain

こんにちは、こんばんわ。バイエルンとかいろいろ大好きな人です。

いつも、いいねやリツイートありがとうございます!!自分の書いたものに対して反響をいただけることがとても新鮮ですごくわくわく!嬉しく思っています♪今後も私の素直な意見や感想をお伝えしながら、いろいろな方に楽しんでいただける記事作りを目指してがんばります。

 

CLでの激闘がレアルを3連覇へと押し上げた

ここでは愛するバイエルンとレアルを比較しながら、レアルの3連覇という大変腹立たしい結果に終わったCLを振り返ります。

ハインケス体制となり、トリッソ、ズーレ、ハメスといった新加入とベテラン選手をうまく織り交ぜたメンバーでリーグ戦を独走、CLでも安定した戦いを見せていたドイツ王

迎えたレアルとの準決勝。リベリーとキミッヒの両サイド突破やハメスのピンポイントクロスを武器に縦横無尽な攻撃を仕掛けるも、頼れる"点取り屋"レヴァンドフスキミュラーは不発。ラフィーニャウルライヒのミスもあって、無念の惜敗を喫しました。

戦略、経験、選手層。どれをとっても、バイエルンはレアルと同等かそれ以上のものを持っていたと思います。では、なにが勝敗を分けたのでしょうか。

アルとバイエルンの違いはCLを戦う中で生まれたのだと私は思います。CLで準決勝までにバイエルンが対戦したのは、アンデルレヒトセルティックパリサンジェルマン、ベシタクシュ、セビージャ。対するレアルが対戦したのは、アポエル、ドルトムントトッテナムパリサンジェルマンユヴェントス。言うまでもなく、対戦チームのレベルが段違いなことがわかります。

レアルが所属するラリーガと他国のリーグでは、いわゆる"リーグ格差"があることも否定できません。両者が会いまみえるまでに生まれたこの違いは「"ここぞというタイミング"で本来の実力を発揮する勝負強さ」と「逆境を跳ね返す自信」という強力な武器となり、レアルを決勝進出、さらには3連覇へ導く結果になってしまったのです。

…ああ、書いてて腹立ってきました。おい!マルセロ!お前ハンドだっただろ!!。だいたい昨年だってなあ!…とか言ってるとキリがないのでやめますが。とにかくVAR早く導入してほちぃ。

ロッベンの負傷は大きかった…。なにより個人的にとってもすっごく残念でした。私にサッカーの魅力を教えてくれたロッベンが悲願だったレアルへのリベンジ戦に出られないなんて…。死んでも死に切れません。来季こそはCLで彼の左足が火を噴く瞬間を見たい!!ウルライヒラフィーニャを責める気持ちは少しもありません。ハインケスも含めて、今期のバイエルンは最高でした。

プレッシャーを跳ね除けて活躍したウルライヒ、完全にフィットしてかかせない武器になったハメス、アンカーとして復活したハビマルティネス、衰えを全く感じさせないリベリー、ラームの後継者として目覚ましく成長したキミッヒ。ポジティブな要素は数え切れません。だからこそ次のCLが待ちきれない!!!

待ってろよレアル!今度はドイツ王者が世界を真っ赤に染める番だ!!!

その他ウイクラ攻略はこちらから↓

niraikanai.hatenablog.com

↓ウイクラバイエルン選手図鑑はじめました↓

↓オリジナルの欧州サッカーニュース↓

niraikanai.hatenablog.com

 Twitterでも攻略情報を発信中!

 

 

⚽おすすめのサッカー戦術誌⚽

   

ナポリホッフェンハイムの可変システム解説がおもしろい「フットボール批評issue22」(画像左)ポジショナルプレー&ストーミングの解説がわかりやすい「月刊フットボリスタ 11月号」(画像右)