もちもち攻略庵。

海外サッカー(主にバイエルン)、ゲーム、Fateシリーズ等のニュースや攻略情報をご紹介するブログです。選手層に合わせていろいろな戦術を試してみてください!たまに小説や怪談(実体験)も書きます。コメントなどいただけるとすごく嬉しいです!

【ショートサイド突破3-3-4】サイドでどんどんボールを運びたい人向け【格上に勝つための戦術考察➁】【ウイクラ攻略】

フォーメーション案➁ 3-2-1-4【3-3-4】

 ※7/10追記:「戦術オプション」の「守備人数」は「多い」に設定する。

 →両サイド下がり目のMFをより積極的に守備参加させるため

◆攻撃時のビルドアップ()/選手の動き出し()◆

f:id:papermoon1333:20180707221857p:plain

◆守備時の選手の動き◆

f:id:papermoon1333:20180707222250p:plain

◆その他戦術オプション◆

f:id:papermoon1333:20180710130910p:plain

f:id:papermoon1333:20180710115833p:plain

 

 

 

◆総合評価◆

得点力:8.5点

守備力:6.5点

ビルドアップ:9点

セカンドボールのおさまり:5.5点

 

◆解説◆

アンカーを置かないことで、よりスムーズなサイドアタックを仕掛けるフォーメーションです。

 

こだわりと狙い➀

両サイド低め位置のMFが攻撃の起点になります。前線の両WG(ST)中盤のサイドまで降りてきてビルドアップに参加して、前線の2トップと連携しながら厚みのあるサイドアタックを仕掛けます。

 

こだわりと狙い➁

アンカーを置かないことで、ビルドアップの際に中央を経由せずにボールをサイドに出せます。SSEXでは相手選手の激しいプレッシャーでアンカーの選手がボールロストしてしまうことも少なくありません。中央で引っ掛けられるのは一番怖いです。「サイドから運んでサイドから崩す」という攻撃の方針をはっきりさせるという意味ではすごく有効です。

 

欠点:中盤が薄いため、中央突破のロングカウンターにはやや弱さがあります。

 

※両サイド低め位置のMFにボックス・トゥ・ボックスをつけておくと、かなり攻守にバランスの取れた働きをしてくれます。

 

前線にボールを運ばせてもらえなくて辛い!って方にお勧めです。

 

その他ウイクラ攻略はこちらから↓

niraikanai.hatenablog.com

↓ウイクラバイエルン選手図鑑はじめました↓

↓オリジナルの欧州サッカーニュース↓

niraikanai.hatenablog.com

 Twitterでも攻略情報を発信中!

 

 

⚽おすすめのサッカー戦術誌⚽

   

ナポリホッフェンハイムの可変システム解説がおもしろい「フットボール批評issue22」(画像左)ポジショナルプレー&ストーミングの解説がわかりやすい「月刊フットボリスタ 11月号」(画像右)