もちもち攻略庵。

海外サッカー、ウイクラ・他ゲーム攻略、Vtuberの関連情報を発信するブログです。ウイクラの戦術は選手層に合わせていろいろな戦術を試してみてください!

【ロング中央突破 3-5-2】ボランチと最終ラインで奪ったボールを素早く前線へ!【格上に勝つための戦術考察④】【ウイクラ攻略】

フォーメーション案➀ 3-2-3-2(3-5-2)

 

f:id:papermoon1333:20180815153443p:plain

◆攻撃時のビルドアップ()/ 選手の動き出し()◆

f:id:papermoon1333:20180815155733p:plain

◆守備時の選手の動き◆

f:id:papermoon1333:20180815155821p:plain

◆戦術オプション◆

f:id:papermoon1333:20180815160102p:plain

f:id:papermoon1333:20180815160144p:plain

◆総合評価◆

 得点力:7点

守備力:8.5点

ビルドアップ:7点

セカンドボールのおさまり:8.5点

※評価は変更することがあります。

◆解説◆

最前線の選手をターゲットにしたポストプレーが攻撃の起点になります。
利点➀:DMFは守備時に必要に応じて最終ラインに吸収されるため、基本的に4バックで相手の攻撃に対応できます。
利点➁:3バックとダブルボランチで分厚い守備を展開します。セカンドボールの回収率が高いため、速攻も仕掛けやすい戦術です。

◆ポイント◆

①手持ちの優秀なMFを最大限に生かせるフォーメーションです。最前線の選手のポストプレーで落としたボールを回収して速攻に転じる戦略のため、CMFやOMFが多いほどスムーズにゴールを奪えます。

➁最も重要な役割を担うのはダブルボランチの選手です。戦況に応じて守備とビルドアップの両面で活躍してくれます。攻守のバランスを考慮して、DMFとCMFの選手を起用したいところです。

③攻撃のアクセントとしてサイドハーフを配置しました。ボールタッチの回数は多くありませんが、中央で攻撃が停滞した際に、飛び出して攻撃の起点になります。

今回はボール運びを重視してRMFを配置しましたが、得点力をより高めたい場合はRWGを起用するのもおもしろいと思います。また、LMF・LWGを配置してもOKです

 

その他ウイクラ攻略はこちらから↓

niraikanai.hatenablog.com

↓ウイクラバイエルン選手図鑑はじめました↓

↓オリジナルの欧州サッカーニュース↓

niraikanai.hatenablog.com

 Twitterでも攻略情報を発信中!

 

 

⚽おすすめのサッカー戦術誌⚽

   

ナポリホッフェンハイムの可変システム解説がおもしろい「フットボール批評issue22」(画像左)ポジショナルプレー&ストーミングの解説がわかりやすい「月刊フットボリスタ 11月号」(画像右)