もちもち攻略庵。

海外サッカー、ウイクラ・他ゲーム攻略、Vtuberの関連情報を発信するブログです。ウイクラの戦術は選手層に合わせていろいろな戦術を試してみてください!

【CL16セカンドレグ】バイエルン目線のマッチ予想!!バイエルンVSリヴァプール CL16 2ndleg

  

 

 

3月14日、CLベスト16の2ndlegバイエルンミュンヘンリヴァプールの一戦がアリアンツアレーナ(ドイツ)で行われる。アンフィールドイングランド)で行われた1stlegは0-0のスコアレスドロー。スピーディで流動的なリヴァプールの攻撃をバイエルンがチーム全員の好守でしのぎ切ったという試合だった。本稿では、バイエルン目線で2ndlegを展望したいと思う。

 

f:id:papermoon1333:20190313154045p:plain

1stlegの先発メンバー

 

ドイツ王者とすれば、ボール支配率を高めながら焦らすような戦いを仕掛けたいはずだ。1stlegでは、門番役のハビとチアゴを核とした中盤守備をハメス、コマン、ニャブリらが体を張ってサポートし、大一番に覚醒したフンメルスが抜群の読みと的確なコンタクトで最終ラインをけん引。ノイアーの守るゴールマウスに鍵をかけた。世界屈指の攻撃陣を要する”レッズ”を敵地で完封できたという半面、アウェイゴールを奪えなかったのは非常に痛い。

 

もし、ホームで迎える2ndlegで先制点を奪われるようなことがあれば、マネ、サラ―、フィルミーノの強烈3トップを抑えてかつ、ファンダイクの戻った最終ラインと名手アリソンから2ゴールを奪わなければいけなくなる(1-1ではアウェイゴール差でリヴァプールが勝ち抜ける)。ホームアドバンテージを生かしてピッチを広く使い、ゲームスピードを落とすことでリヴァプールをいなすような戦いが求められるだろう。

 

中盤対決はバイエルンに軍配か

 

1stlegにおける中盤対決はバイエルン優位だったとみて良いと思う。ニャブリ、コマン、ハメスの積極的な守備参加も相まって、リヴァプールの猛攻に押し込まれがちな展開の中でも、ハビとチアゴの存在感は際立っていた。ハビは、ワイナルダム、ケイタ、ヘンダーソンに自由を与えずチャンスメイクをけん制できていたし、チアゴは”レッズ”の苛烈なプレッシングを受けても卓越したパスセンスとドリブルで局面を打開できることを証明した。

2ndlegでは、左ウイングにリベリーが先発することが予想される。より攻撃的に戦いたい狙いは明確だが、コマンほどの守備貢献は期待できない。当然、リヴァプールの同サイド(リヴァプールの右サイド)にはサラ―が先発するだろう。マッチアップするのはアラバだが、絶妙な中盤の構成が奏功した1stlegとは違う展開になるかもしれない。

ドイツ王者の不安要素と読めない先発

 

f:id:papermoon1333:20190313153715j:plain

ドイツ誌Bildの2ndleg先発予想

2ndlegでは、右SBのキミッヒが累積警告で出場停止だ。1stlegで攻守に渡って奮闘していた”ネクストラーム”の欠場は非常に痛手といえる。定石通りに考えれば代役はラフィーニャだろう。しかし、復調気味のボアテングを当てるのではないかといううわさがある。彼がドイツ代表でフンメルスとともに築いた功績はいうまでもない。スピードにはやや難があるものの、1対1の対応、ビルドアップ、ロングフィードの精度はラフィーニャに無い魅力だといえる。ミュラーフンメルスとともに、ドイツ代表からの"強制引退"を通告されたボアテング。「(右SBでの先発は)問題ない。チームを助けられるなら準備はできている」と話すドイツ人CBに、大一番でのチャンスは巡ってくるだろうか。

 

 

勝率は5分5分

 

結果を予想するのは非常に難しい。いずれにしても、過酷でエキサイティングなゲームになるのは間違いない。1stleg同様のタイトなゲームになるのか、打ち合う展開になるのか。1ファンとして、至高の一戦を期待する。

MiaSanMia

その他ウイクラ攻略はこちらから↓

niraikanai.hatenablog.com

↓ウイクラバイエルン選手図鑑はじめました↓

↓オリジナルの欧州サッカーニュース↓

 

 Twitterでも攻略情報を発信中!

 

もちもち@攻略庵♨️ (@bass1333) | Twitter

 

 

 

 

FIFA 19 - PS4

FIFA 19 - PS4