もちもち攻略庵。

海外サッカー、ウイクラ・他ゲーム攻略、Vtuberの関連情報を発信するブログです。ウイクラの戦術は選手層に合わせていろいろな戦術を試してみてください!

攻撃的リトリート4バック!相手の「崩し」を封じて果敢に攻める【格上に勝つための戦術考察】【ウイクラ攻略】

 

 

🍍戦術とフォーメーション🍍

f:id:papermoon1333:20190615190444p:plain

🌴戦術オプション🌴

f:id:papermoon1333:20190615190537p:plain


堅固なブロックで「崩し」を封殺

 

リトリート戦術のメリットは、自陣PA内にブロックを作ることで敵の「崩し」を無力化できることだ。フィジカルタイプのCFによる単独突破はもちろん、メッシやマラドーナといったパスとドリブルの両方に秀でたSTの強みを消すことができる

 

弱点はベタ引きしやすくミドルシュートを打たれやすいこと。対策としてCBは縦並びにした。アグレッシブ設定時の「ボール奪取→カウンター」という動きは減るものの、この戦術にはそれを補って余りあるメリットがあると自信を持って強調したい。

 


 

中盤は"攻守攻"の横並び

守備的MFは少なめに。両サイドにはウイングタイプを

 

リトリート戦術ではショートカウンターの展開は作りにくい。スティール能力に優れたCMFやDMFの選手は一人で十分だろう(敵ミドルパスのけん制役として走れるCMFを起用するのがおすすめ)。なお敵サイド攻撃対策として中盤は横並びにした。

 

両サイドにはウイングタイプの仕掛け役を起用する。前線中央に位置取る3トップの攻撃にアクセントをつける狙いだ。最終ラインによるビルドアップの受け手としても機能する。ここにはテクニック(できればスピードにも)に秀でた選手を起用したい。

 

最終ラインはきっちりとブロックを作るために、4バックとした。上記画像では4バックの左にビルドアップ持ちのCBを起用している。しっかり守備戻りできる選手であれば、攻撃的サイドバックでもかまわないと思う。

 

戦術オプションでリトリート向きの好守に調整

 

3トップ+両サイドハーフによる計5枚の縦横無尽な攻撃を最大限に生かすうえで、流動的のスタイルは非常に有効だ。これにより、サイドハーフが前線中央に飛び出すといった柔軟な動きが見られるようになる。

 

また、裏取り対策として守備ラインは「低い」に設定。よりコンパクトなブロックを形成するために、コンパクトネスは「狭い」に設定した(サポート距離は好みの調整で構わないと思う)。

 

 

 

★アトガキ★

 

みなさんお久しぶりです!仕事が忙しく、ウイクラで遊んでいるのにブログは書けない状態が続いていました。1か月近くも(それ以上?)更新できなかったにも関わらず、毎日多くの方に見ていただけていて、早く更新したい!という気持ちでいっぱいでした。本当にありがとうございます。

 

さて、今回の戦術はリトリート。個人的にはすごく苦手で嫌いな戦術だと思っていました。しかし、きちんとチーム作りをして本格的に戦術を試してみたところ、これがうまくはまったんです!特性なし総合値1000以上、同込み総合値1100以上のラスボス的猛者を相手に素晴らしい試合ができるほど(自チーム戦力は上記画像を参照)。

みなさんもぜひ、リトリート!試してみてください!それではまた!🍵🌴

 

 

 

その他ウイクラ攻略はこちらから↓

niraikanai.hatenablog.com

↓ウイクラバイエルン選手図鑑はじめました↓

↓オリジナルの欧州サッカーニュース↓

 

 Twitterでも攻略情報を発信中!

 

もちもち@攻略庵♨️ (@bass1333) | Twitter