もちもち攻略庵。

海外サッカー(主にバイエルン)、ゲーム、Fateシリーズ等のニュースや攻略情報をご紹介するブログです。選手層に合わせていろいろな戦術を試してみてください!たまに小説や怪談(実体験)も書きます。コメントなどいただけるとすごく嬉しいです!

【CLを連覇した戦術を紹介!】これでチャンピオンズリーグ(現パートナーズカップ)制覇できる!?【ウイクラ攻略】

この戦術で、「プロフェッショナル」、「トッププレイヤー」ディビジョンのチャンピオンズリーグ(現パートナーズカップ)を連覇しました。フォーメーションは3-5-2(表記は3-4-1-2)。

中央突破に特化して攻撃する戦術です。

 

フォーメーション&戦術

f:id:papermoon1333:20181024134944p:plain

 

3バックを採用して前に人数をかける

相手のサイド攻撃に対応するという面では4・5バックは有効だが、ドリブル突破などを仕掛けられると意外に脆いもの。そこで、最終ラインのDFはフィジカルの強いCB(スピードがあればなお良い)3人のみとし、その分中盤により多くの選手を配置する。

  

ダブルボランチで分厚い中盤を形成

ボランチの主な役割は、相手チームの攻撃をけん制する事&奪ったボールを前線に素早く展開する事だ。また、守備時に数的不利になった場合は最終ラインに吸収される形でDFと同様に立ち回ってくれる。つまり状況に応じて4バック・5バックと同様のDFラインを準備できることになる。

また、ダブルボランチを採用することでボランチ間の横パスでボールを動かせるため、ボランチが一人の場合よりもボールを奪われるリスクを抑えたり、よりサイドにボールを展開しやすくなる。

※DMFとCMFを一人ずつ配置するのもOK。CMFは状況に応じて攻撃参加してくれる。

 

インサイドハーフ3人で中盤を支配する

ここでは、OMF(攻撃的ミッドフィールダー)よりもCMFを多く配置するCMFはOMFよりも好守にバランスよく活躍してくれる。より攻守に気の利いたプレーを求めるなら「ボックストゥボックス」。より攻撃的に戦いたい場合は「2列目からの飛び出し」や「ナンバー10」のプレースタイルを持ったCMF選手を配置したい。

CMFとOMFの割合は、2:1もしくは3:0がおすすめ

 

その他、戦略の詳細設定は以下の通りです(強調部分以外は変更なし)

f:id:papermoon1333:20180524013959p:plain

 

いかがだったでしょうか。ウイクラ攻略サイトってまだまだ少ない気がしていて、フォーメーションや戦略を考えるのも一苦労です。みなさんと意見を共有しながら楽しい監督ライフを送っていきたいと思っています(・・。)!

 

その他ウイクラ攻略はこちらから↓

niraikanai.hatenablog.com

↓ウイクラバイエルン選手図鑑はじめました↓

↓オリジナルの欧州サッカーニュース↓

niraikanai.hatenablog.com

 Twitterでも攻略情報を発信中!

もちもち⚽攻略庵 ♨(@bass1333) | Twitter

 

 

⚽おすすめのサッカー戦術誌⚽

   

ナポリホッフェンハイムの可変システム解説がおもしろい「フットボール批評issue22」(画像左)ポジショナルプレー&ストーミングの解説がわかりやすい「月刊フットボリスタ 11月号」(画像右)